ESC👇で閉じる

Strength Asia

17 記事

Strength Asia公式からのお知らせ。

Strength Asia

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 米国出荷後に予約注文の受付を開始したRogue製品につき、当初7月上旬の入荷を予定しておりましたが、積み替え地の上海にて、出港に遅れが出ている情報が入ってまいりました。ご予約注文いただいたお客様におかれましては、納期遅延によるご迷惑をお掛けしまして、…

Strength Asia

本日、以下のAmerican Barbell製品が入荷いたしました。 オリンピックプレートスポーツバンパープレートウレタンフラクショナルプレート10KGパフォーマンストレーニングバーエコノミージュニアジムバーデュアルハイトヘックスバーヘックスラバーダンベルシリーズ4 ウレタンダンベル各種ケトルベル、…

Strength Asia

パナッタ ラットプル&プーリーロウ

新たにPanatta(パナッタ)のデュアルシステムマシンの販売を開始しました。 パナッタはイタリアに拠点を置く、ヨーロッパ最大手のトレーニングマシンメーカーです。イタリアのフィットネス産業で最も長い歴史を持つ会社の一つで、2022年現在、300種類以上ものストレングスマシン、カーディオマシンの開発・…

Strength Asia

本日、以下のAmerican Barbell製品が入荷いたしました。 オリンピックプレートスポーツバンパープレートウレタンプロシリーズプレートウレタンフラクショナルプレートヘックスラバーダンベルシリーズ4 ウレタンダンベルシーテッドローチンニングハンドルEZカールジムバーエントリートレーニングバー等…

Strength Asia

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、弊社におきましては、お得意様各位のご期待に添うべく、経営の合理化、省力化を図り、生産コスト、流通コストの抑制を努め、製品価格を据え置いてまいりました。しかしながら、仕入れ価格等の高騰により、現行の価格体系を維持するのが困難な状況となっており…

Strength Asia

オリンピックシャフトの選び方1

昨今は国内外問わず多くのメーカーからオリンピックシャフトが販売されているため、一目見ただけでは違いがわからず、選定に困る方が多くいらっしゃることかと思います。購入後に後悔をする方が後をたたない為、これからオリンピックシャフトの購入を検討されている方は是非ご参考ください。

Strength Asia

ストレングスアジア合同会社(本社:東京都渋谷区、以下「当社」)は、米国のロッカー&床材メーカー「GRID」(本社:アメリカ ダラス)との間で、日本国内における独占販売店契約を締結しました。 GRIDはアメリカ・テキサス州ダラスに拠点を置くロッカー&床材メーカーで、フィットネスセンターや運動施設におけ…

Strength Asia

ストレングスアジア合同会社( 本社:東京都渋谷区、代表:田村智之)は、株式会社大分フットボールクラブ(本社:大分県大分市、代表取締役:榎徹)とのアドボードスポンサー契約を締結しましたのでお知らせします。 当社は、ハイエンド向けの業務用トレーニングマシン/器具を販売している会社で、日本を中心としたアジ…

Strength Asia

トレーニングマシンの種類1

トレーニングマシンの種類と使い方について解説いたします。トレーニングマシンはバーベルやダンベルなどのフリーウェイトと違い、あらかじめ対象とする筋肉に刺激を入れやすいようにデザインされています。本記事では、トレーニングマシンの構造や形状の違いにより生まれる特徴、またトレーニングマシンの使い方について解説いたします。

Strength Asia

スクワットマシンの種類と使い方

スクワットマシンの種類と使い方についてストレングスアジアが解説いたします。スクワットマシンは適切なフォームを体で覚える上で非常に便利なマシンです。マシンにはセーフティシステムが搭載されているため、バーベルスクワットのように潰れる危険性もありません。