ESC👇で閉じる

栗原 弘教

5 記事

Training-studio「Master Mind」の代表。SBDコラムニスト。Americanbarbell公式アンバサダー。現在パーソナルトレーナーでありながら現役パワーリフターとしても活動(公式ベスト記録 SQ280kg BP170kg DL260kg Total710kg /茨城国体4位) 一般のクライアントから、モデル、女優、医師、野球選手、自転車選手、格闘技選手等の各業界の専門家やトップアスリートまで幅広いクライアントへコンディショニングとストレングストレーニングを指導する。

栗原 弘教

本記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 アメリカンバーベルジャパン公式アンバサダーを務めさせて頂いている栗原弘教です。 今回はGHD(グルートハムデベロッパー)の使い方や効果的な使用方法について説明して行きたいと思います。 既にご購入をされているトレーニー、コーチ、トレーナーの方は、目的に合わ…

栗原 弘教

ヘックスバー(トラップバー)の効果的な使い方1

今回はヘックスバー(別名:トラップバー)の特徴や効果的な使用方法について説明して行きたいと思います。ヘックスバー(別名:トラップバー)は上の写真の様な六角形をしたバーベルの事を指します。この六角形の中央の間に入り様々なトレーニングを行う形をとります。

栗原 弘教

本記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 アメリカンバーベルジャパン公式アンバサダーを務めさせて頂いている栗原弘教です。  今回はスイスマルチグリップバーの特徴や効果的な使用方法について説明して行きたいと思います。  既にご購入をされているトレーニー、コーチ、トレーナーの方は…

栗原 弘教

今回は前回の記事(セーフティスクワットバーの使い方とメリットについて)に続いて、セーフティスクワットバーの効果的な使用方法をいくつか説明して行きたいと思います。既にご購入をされているトレーニー、コーチ、トレーナーの方は、目的に合わせて効果的な種目を取り入れて頂ければと思います。

栗原 弘教

1セーフティスクワットバーの使い方

セーフティスクワットバーは、その構造が通常のバーベルとは大きく異なります。下の写真の通り、中央にハンドルがついており、プレートのついている位置はやや低く、加えてやや前方に位置します。このプレート位置によって、負荷の掛る方向が通常のバーベルの様に下方向ではなく前方になります。